頭皮ニキビの初期症状と予防ケア

頭皮ニキビは、普段は頭部が髪の毛で覆われていたり頭頂部を鏡で確認することが少ないため、顔ニキビと比べて気付きにくいニキビです。
そのため頭皮ニキビが出来ていることに気付かず、シャンプー中に引っ掻いてしまったり炎症部分に傷を付けてしまう方が多いので、頭皮の黄色信号を見逃さずに早めに気付いてケアすることが大切です。

頭皮ニキビの黄色サインチェックリスト

・フケが出やすいorフケに悩まされている
・髪の毛がベタ付く
・抜け毛が増えた
・頭皮がよくかゆくなる
・頭皮にかさぶたのようなものがある
・頭皮のニオイが気になる
・シャンプーやリンスが頭皮に沁みることがある
・顔や背中ニキビが出来やすい

 

これらの項目の症状に当てはまる数が多い人は、頭皮ニキビが出来やすい状態にありますので、頭皮ニキビの症状が現れる前に早めの予防ケアを行いましょう。

頭皮ニキビが出来やすい箇所

頭皮ニキビは肌ダメージを受けることで炎症を引き起こしますから、頭皮の地肌が紫外線により刺激を受けやすい頭頂部のつむじや髪の毛の分け目は、ニキビが出来やすい箇所だと言われています。
そのため、いつも分け目が同じという方は頭皮ニキビを防ぐためにも、定期的に髪の毛の分け目を変えるようにして下さい。

 

そして、頭皮ニキビになりやすいチェックリストの項目に該当する数が多い方は、なかなか鏡では見えにくい頭頂部やつむじの箇所も、こまめに鏡で確認をして健康状態を確認するようにしましょう。

頭皮ニキビを悪化させないためには?

万が一、すでに頭皮にかさぶたや小さな湿疹が出来ていると言う方は、頭皮ニキビの初期症状が出ているという事になりますので、これ以上頭皮ニキビを悪化させないように注意を払う必要があります。

 

頭皮ニキビを深刻化させないためには外部刺激から地肌を守ることが大切ですから、炎症が治まるよう頭皮に刺激を加えるような生活は控えて下さい。

 

例えば、髪の毛のカラーリングやパーマは強い薬剤を使用することになりますので、頭皮への刺激も大きくなります。炎症が悪化する恐れがありますから、頭皮ニキビの症状が出ている時はNG行為となります。
見た目のオシャレも大切な事ですが、炎症が悪化してからではオシャレどころではなくなってしまいますので、頭皮の健康状態が良好になるまでは我慢するようにしましょう。

 

また、紫外線から頭皮を守るために通気性の良いUV帽子をかぶって、頭皮の炎症部分を守ることも有効な方法です。