頭皮ニキビの改善と予防には生活習慣を見直そう

頭皮ニキビの改善と予防には「生活習慣」を見直して規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

 

生活習慣の乱れは、頭皮トラブルに限らず肌荒れや体調不良に繋がるものです。
頭皮環境の乱れは生活環境の乱れと考えて、仕事などで忙しいという方も、無理のない範囲で少しずつ改善できるところから見直していきましょう。

頭皮ニキビを悪化させる睡眠不足

人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されますので、
新しい皮膚細胞を生み出すには快適な睡眠を取ることが必要不可欠です。

 

寝不足の状態が続いてしまうと肌の再生能力が低下して、
炎症を起こしている頭皮ニキビの修復にも時間がかかります。
なかなか傷付いた皮膚細胞を元に戻すことが出来ずに、頭皮の炎症を悪化させてしまう事にも繋がるので、
仕事が忙しく不規則な生活になりやすい方は十分注意しなければなりません。

 

また、睡眠不足は自律神経の機能にも大きな影響を与えますから、
ストレスに弱く肌バリア機能まで低下してしまい、健康な頭皮を保つことが難しくなります。

頭皮ニキビを改善するための睡眠

お肌のゴールデンタイムは、夜の10時〜深夜の2時になります。

 

この時間帯に肌を再生するために必要なホルモンが分泌されますから、
睡眠が取れる方は夜型の生活から早寝早起きの習慣を身に付けるようにしましょう。

 

もしも、深夜勤務などでゴールデンタイムに睡眠を取ることが難しい方は、
睡眠の質を上げるように心掛けて下さい。

 

就寝前にお風呂に入って体を温めたり、
枕の高さが合っているものを選んだりすることでも睡眠の質を上げることができます。
反対に就寝前に携帯やスマホの画面を見つけてしまうと体内時計が乱れて
睡眠の質を下げることになりますので、
できるだけ就寝する1時間前には強い光を浴びないように気を付けて下さい。

睡眠不足を引き起こす生活習慣

・寝具が合っていない

・就寝前にアルコールを飲む

・肥満

・ストレス

・運動不足

睡眠不足になるきっかけは夜型の生活や夜遊びをするだけではなく、 寝酒としてお酒を飲むことや、肥満によって睡眠時無呼吸症候群の症状が出ているケース、 そしてストレスによって自律神経が乱れてしまうケースなど、 きちんと寝ているつもりでも睡眠不足に陥ってしまうこともあります。 快適な睡眠を取るためには、適度な運動を心掛けて「体内時計」を整えることが大切です。 肥満による体型の変化やストレスを感じている方は、 ウォーキングなど軽めの運動を生活の中に取り入れてみましょう。