頭皮ニキビとオイリー肌 髪の毛がベタベタで困っているなら


頭皮がオイリー肌の症状に陥っている方は、髪の毛がベタベタとしたり、皮脂の油分によってペタっと髪の毛が寝てしまったりします。

 

なかなか自分で判断が付きにくいという方は、人差し指の腹を頭皮に10秒程押し付けてみましょう。指を話して腹部分がテカテカと脂っぽくなっているようなら、頭皮はオイリー肌になっていると言えます。

オイリー肌が頭皮ニキビを作りやすい理由

通常、健康な頭皮の方なら皮脂コントロールが正常に機能しています。しかし、オイリー肌の方は皮脂が過剰に分泌しているため、毛穴に余分な皮脂が溜まって雑菌が付着し頭皮ニキビを作りやすくします。

 

湿疹によって痛みを伴うケースも多いので、頭皮に炎症を起こさないよう気を付けなければなりません。
場合によっては「油性型脂漏フケ」などのフケの症状が現れる事もありますので、フケ=乾燥肌と思わないように気を付けましょう。

頭皮の皮脂分泌が乱れる原因

頭皮の皮脂分泌が過剰になってしまう原因は、ホルモンバランスの乱れや食生活等の生活習慣が大きく関わっています。

 

中学生くらいの思春期の学生がフケの症状に悩まされることが多いのも、成長ホルモンが分泌される事によって皮脂分泌が過剰に起きてしまうためです。そして、大人の場合にはストレス、食事、睡眠などの生活習慣が乱れることによって、皮脂コントロールの機能が低下してしまうので注意しましょう。

 

また、頭皮が脂っぽくなっている方は、どうしても髪の毛に雑菌が付着しやすくなるので、頭皮ニキビだけではなく顔にかかった髪の毛から顔ニキビを作ってしまう事もあります。
そのため、ニキビの症状が広範囲にならないよう日頃から頭皮の健康を守るためのケアを心掛けておきましょう。

頭皮の過剰皮脂を防ぐ方法

頭皮の過剰な皮脂の分泌を防ぐためには、まずは生活習慣を整えることです。
特に油分や糖分が多い食事を好んでいる方は、体の中に油分を溜め込んでしまえば当然オイリー肌を生み出してしまいますから、できるだけヘルシー食生活へと変化させるようにしましょう。

 

そして次に大切なのが頭皮の洗浄です。頭皮を不潔な状態にしておけば皮膚トラブルを引き起こすきっかけとなりますので、常に清潔な状態にしておく事は大切です。

 

頭皮に残った水分はジメジメと湿度を保って雑菌の繁殖や、皮脂の分泌を高めてしまう原因になりますので、シャンプー後はきちんと水気をタオルで吸い取ってドライヤーで乾かすようにしましょう。