頭皮ニキビを防ぐ正しい洗い方

頭皮ニキビを防ぐためには、頭皮を清潔な状態に保つことが重要です。
もともと頭皮は汚れやすいところですから、不潔にしておけば雑菌が繁殖して炎症を引き起こす原因へと繋がります。

 

過剰な頭皮の洗浄がNGな理由

“頭皮を清潔に保つ=頭を何度も洗う”という意味ではありません。
頭皮のシャンプーは1日に1回で十分ですから、過剰な頭皮の洗浄をしないように気を付けましょう。

 

過剰な洗浄は、頭皮に必要な油分まで全て洗い流してしまう事になるので、乾燥を引き起こして皮膚トラブルを招く行為ですから厳禁です。
また、乾燥肌になると肌バリア機能が低下しますので、外部刺激から弱い皮膚になり、トラブルが多い頭皮を作ってしまう事になるので注意して下さい。

 

頭皮ニキビを防ぐシャンプーの選び方

頭皮ニキビを改善させるためには、シャンプーの選び方で症状の緩和が大きく変わって来ると言われていますが、頭皮にとって最も刺激となるのが洗浄時のシャンプーです。

 

昨今「界面活性剤」や「合成化合物」と言った成分が含まれているシャンプーが危険であると言われていますが、通常市販されているシャンプーやリンスには当然のように配合されている成分になります。

 

界面活性剤とは、食器を洗う時の洗浄剤にも含まれている洗浄力の高い成分で、自分では洗い過ぎている自覚がなくても、普通にシャンプーをするだけで過剰な洗浄をしている事になってしまうのです。

 

わかりやすく言えば、食器用の洗剤のCMではキュッキュとお皿に油汚れが残っていない事をアピールしていますが、同じ成分が含まれたシャンプーで頭皮を洗えば、必要な油分まで洗い流されてしまうという事なのです。

 

そして、合成化合物とは香料や防腐剤などの添加物になりますが、全てを排除したシャンプーを使うことは難しいので、できるだけ添加物が少ない植物性の天然成分が配合された製品などを選ぶことが、頭皮への優しいシャンプーの選び方となります。

 

頭皮の正しい洗い方

頭をシャンプーする時に爪を立てて洗っている人はいませんか?
爪を立ててしまうと頭皮が傷つき、炎症を起こしやすくなるので必ず頭皮は優しくマッサージをするように洗いましょう。

 

指の腹部分を使って、もみほぐすように頭皮を洗えば洗浄と同時に血行も促進されますので、頭皮ニキビを防ぐための一石二鳥の効果があります。

 

そして、せっかく正しく洗ってもすすぎ残しがあっては台無しになってしまうので、十分に時間をかけて洗浄成分を洗い流すようにして下さい。